脱毛方式の違いによる痛み


IPL、SSC、SHR等々、光脱毛も色んな種類がありますが、私、口コミ探偵サリーは、医療レーザーも含めて一通りは体験済みです。

光脱毛の痛みについて ここでは光脱毛に絞ってお話しします。

最近、サリーが体験してきたラココとストラッシュはSHR方式です。

肌の上を滑らすようにヘッドをササーッと動かして行くんだけど、特に痛みらしい痛みって感じなかったですね。

結局、脱毛の痛みって、毛根が焼ける時の刺激だと思うんですが、SHR方式はそもそも毛根をターゲットにしてないですからね。

毛根のまわりにある(たぶん)毛包っていうあたりをジンワリ温めるだけなので、痛くないのも、まぁ納得という感じです。

ミュゼや脱毛ラボは、たしかに痛くないけど

同じく、毛根に直接アタックしてないタイプなのがS.S.C方式。

ミュゼや脱毛ラボは、たしかに痛くないけど ミュゼプラチナム、脱毛ラボが採用していますが、どちらも痛くないという評判は以前からありますね。

S.S.Cとは、スムース・スキン・コントロールの略で、ジェルを皮膚に浸透させてから光を照射する方法。

SSCの光はジェルに反応する為、肌に与えるダメージが最小限というのが特徴。

ただ、どちらかというと毛の成長を抑える抑毛といった性格が強く、脱毛効果としてはイマイチといった口コミも多いようです。

IPL方式は毛根に直撃するタイプだけど

そして、わりと多くの脱毛サロンが採用しているIPL方式。

IPL方式は毛根に直撃するタイプだけど IPLとは、インテンス・パルス・ライトの略。

メラニン色素など、色の黒いモノに反応するフラッシュで成長期の毛根をターゲットにします。

近頃、多くの脱毛エステのHPでは自社がIPL方式を採用していることが書かれてないので詳しいことは不明ですが、毛根にアタックする方法であれば、IPL方式と考えて良いと思います。

このIPL方式で光の出力を強くしたものが、医療脱毛で使われるレーザーになります。

エピレの脱毛マシン よく輪ゴムを弾いたような痛みと表現されるのがコレだと思います。

各サロンで導入しているマシンの種類や、施術者の技量によって、感じる痛みも変わってくる可能性はありそうです。

ただ、今どき、痛みが強くて施術がツライというサロンも殆ど聞かないので、あまり心配はいらないかと思います。

脱毛マシンは出力を調整できるので、もし、どうしても痛みがキツければ、出力を弱めにして貰うのもアリかと思いますよ。

以前、結構痛かったサロンの思い出

以前の銀座カラーでは、施術時の痛みが結構強めでしたが、新しく導入したマシンでは殆ど痛みを感じないレベルになりました。

ルネサンス また、シースリーも以前に採用していたルネサンスというマシンでは医療行為となる1歩手前くらいまで出力を上げていたようです。

その為、効果はバッチリなのですが、痛みも結構強め・・・というのは、サリーがシースリーの会社のエライ人に直接聞いたハナシです。

ただ、シースリーも現在の主力マシン(C3-GTR)を導入してからは、痛みを殆ど感じないで全身脱毛できるようになりました。

といっても、VIOやワキなど、太めの毛が生えてる部位では、パチッと感じるくらいはあると思います。

どこの脱毛エステでも同じ ま、これはシースリーや銀座カラーに限らず、どこの脱毛エステでも同じですね

S.S.C方式や、SHR方式は根本的にアプローチが違うので、毛根が焼ける痛みは無い(ハズ)。

なので、顔やデリケートゾーンでも痛くないことを優先したい人はコッチのほうが向いてるかも。

でも今どき、IPL脱毛だとしても、どこのサロンでも痛くてガマンできないトコなんて無いと思うけど...^^;



▼サリーの全身脱毛レポ(施術方式のちがいによる痛み)

【概要】
脱毛方式の違いによる痛み ⇒ おすすめ全身脱毛《TOPへ戻る》 ⇒ 条件別★全身脱毛ランキング IPL、SSC、SHR等々、光脱毛も色んな種類がありますが、私、口コミ探偵サリーは、医療レーザーも含めて一通りは体験済みです…

【NewTopics】
⇒ おすすめ全身脱毛《TOPへ戻る》 ⇒ 条件別★全身脱毛ランキング 全身脱毛では痛みや効果も気に・・・全身脱毛★サリーの感想(体験談)

Copyright (C) 2014 おすすめ全身脱毛(見極め術)パッと見安い月額1400円がヤバイ理由.... All Rights Reserved.
[ admin archives ]